Q.塗装屋さんの独立成功への道とは?

 

塗装工事店(塗装屋さん)として、独立したいと言うのは、職人の方であれば誰もが一度は考える道です。

独立を考える7大理由

○今、勤めているお店の親方と考え方が合わない

○今のお店には将来性を感じない

○親方が将来のことを何も考えていない

○親方が年を取ってきた

○家族も出来てライフスタイルが変わったので、今のお給料ではやっていけない

○今の会社は仕事が薄くなってきた

○男なら一度は挑戦したい

などがその理由です。そして、独立すれば自分も社長(親方)のように多くのお金を稼げるようになるのではないか、と、考えているものです。

独立後の悲惨な現実

しかし、理想と現実は大きく違います。

私の元へおいで頂く方の多くは、

×月に1件の受注をするのがやっとであり、次の仕事がいつ取れるかが分からずうつ病になった方、

×百万円かけてWebサイトを製作してみたが、反響は全く取れず、相変わらず下請け仕事に振り回されている方

×下請けになったのはいいけど、社員の時よりお給料は不安定になり、少なくなった方、など、、、

本当に沢山います。

チラシを配布しても素人で反響が取れるようなものではなく、毎回10数万円のお金をかけて1件も電話がならないなんて、ざらなのです。

このように今は、多くの塗装職人さんが考えているほど、独立して成功するということは簡単では無いのです。

塗装屋さんの独立成功への道

では、どうすれば良いのでしょうか?

まず、集客マーケティングを覚えることです。良い仕事ができるだけでは、今は待っていても仕事は取れない時代です。

そこで、マーケティングを覚えることが必須となります。お客様にあなたを発見してもらわないうことをしていかなければなりません。

そしてその次には、営業を覚えることです。営業とは、ただ、にこにこすればお客様に好かれてご契約をいただけるというものではありません。

特に塗装工事(塗替えリフォーム工事)は高額商品でもあるため、お客様の心理をよく勉強していくことが大切になります。

大雑把に言うとこのようなことでしょう。

ところが、ここまでなら、年商5000万円以下の職人社長さんです。まだまだ不安定な日々からは逃れることは出来ません。

やはり、安定すると言えるところは、まずは年商1億円レベルをしっかりと実現できるレベルです。年商1億円程度にもなれば、良い職人さんも採用しやすくなり、少しずつ会社らしくなっていきます。

そして、堅実な職人社長さんであれば、幹部を育てて、さらに会社を発展させていくことができるはずです。

独立するなら、自分が塗装技術者として、ただ単に毎日仕事があるという状態を肯定するだけではなく、職人を雇い、職人を育成できるレベルまでを目指したいものです。

あなたが、目標を持って行えば必ず成就するはずです。脇目もふらずに頑張りましょう!

(さらに詳しくお知りになりたい方はレポートをお読みください)

関連記事

工事店経営 成功の思考法(365日無料)

ピックアップ・ノウハウ

  1. 私は、人生にも「戦略的思考」が大切であると考えています。ここで言う「人生の戦略」とは、…
  2. かつて住宅塗装業は、良い仕事を行っていればご近所様から声がかかり仕事を頂いていた時代がありました。ほ…
  3. 塗装工事店(塗装屋さん)として、独立したいと言うのは、職人の方であれば誰もが一度は考…
© 大黒天経営株式会社 All rights reserved.