経営者とライフワーク

43歳になりようやく、自分のライフワークが分かりました。私のライフワークは、工事店経営を体系化すること。そして中小企業経営を体系化すること、そしてそれぞれ時代に残すことです。工事店経営を体系化するということは、第一に、経営者という人間を理解することであり、第二に、工事店という業種の本質を理解することであり、第三に、業界を含めた社会の流れの中で工事店がどのように進化を遂げていくのかそのあたりを見据えて、いかに本質を引き出し、工事店に携わる経営者が実践できる形にするか、ということです。中小企業においても然りです。

90歳まで生きる目標ですからあと47年あります。
20代の時には、自分はなぜ成功できないのだろうか…。と成功を羨む気持ちがありましたが、今思うと私にとっては、20代での成功は無くて良かったと思う次第です。なぜなら20代で空想していた「成功」とは、結果主義的な成功であり、今構想している「人生の成功」とは、程遠かったからです。
今、構想している「人生の成功」とは、自分の人生を通して、他の誰でも無い自分だけがやれることをやりきること=ライフワークを指しています。

関連記事

工事店経営 成功の思考法(365日無料)

ピックアップ・ノウハウ

  1. リアル日本橋ベンチャーの青木忠史です。先日、弊社が入居しているビルの1Fのゴールド靴店様がついに閉店…
  2. 私は、人生にも「戦略的思考」が大切であると考えています。ここで言う「人生の戦略」とは、…
  3. かつて住宅塗装業は、良い仕事を行っていればご近所様から声がかかり仕事を頂いていた時代がありました。ほ…

素晴らしい出来事!

  1. 登録されている記事はございません。
© 大黒天経営株式会社 All rights reserved.